女性

副作用にご注意

気になるフィンペシアの副作用は?

男性

男性型の脱毛症(AGA)に極めて効能があるとされるのがプロペシアですが、フィンペシアとはそのジェネリック医薬品になります。主成分はプロペシアと同じく「フィナステリド」です。 フィンペシアは長らく発がん性の副作用が噂されていました。その根拠はコーティングにタール色素であるキリンイエローが使われていることですが、この噂には根拠が全くなく、単にタール色素から煙草を連想しただけだと思われます。しかも今はフィンペシアにキリンイエローは含まれていませんので、この副作用は全く心配いりません。 もう一つフィンペシアの副作用として知られるのは「男性機能の低下」です。しかしこの副作用も先入観からくるものが大部分だとも言われ、過剰な心配をする必要はないでしょう。

フィンペシアは副作用対策として成分が変化しつつある

以前のフィンペシアにはキリンイエローという成分が含まれており、これには発がん性などの副作用があるのではないかという噂が広まっていたのです。 その噂を聞いた方がフィンペシアの副作用に対して不安な気持ちを抱えていた事もありましたが、現在ではキリンイエロー未使用タイプのフィンペシアが登場しています。 それによって副作用に対する不安も払拭されて、発がん性が心配だったという方も安心してフィンペシアを利用出来る様になりました。 今後は更に安心感を持ってフィンペシアを服用しつつ、育毛効果に期待を込める方が増えてくると予想されています。 男性機能の低下といった副作用も噂されていましたが、自覚症状が殆どないレベルという意見が多いです。